アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

金利と株価に関するバフェットの見解

出典:Warren Buffett on Interest Rates and Why Stocks are Cheap

 

過去18ヶ月間に起こった驚く展開の一つは、一部テック株の素晴らしい成果である。 投機に近い企業ではなく、アップルのような優良ハイテク株のことである。このような成果は、昨年3月に発生した新型コロナの大流行による急落によるものだった。テック株が恩恵を受けると期待されたが、株式市場全体で発生した投げ売りはどうには仕方なかった。 しかし、新型コロナの大流行期間中に事業が見事に成長でき、株価もコロナ禍以前の水準まで回復した。

また、この回復は新型コロナが全世界に広がり始めた直後に現れた、金利の低下も市場に反映されたものである。 

今年のバークシャー・ハサウェイ株主総会ウォーレン・バフェットはこのような状況を説明した。 彼は突然発生した金利低下がどのような影響を及ぼしたかについて、次のように述べている。

キャッシュを創出するすべての資産のバリュエーションに大きな変化がありました。 なぜならノーリスク資産である国債が利子を支払わなかったからです。新型コロナの大流行前に米国債に1000億ドルを投資した場合、約15億ドルの利子を受け取ることができたはずです。しかし、金利が0.02%だとしたら、利子所得は2000万ドルまで落ちてしまいます。あなたの給料が時給15ドルから20セントになったと考えればよいです。

引き続き、10年債の利回りがコロナ大流行中のように低く維持されればアップルのような企業は安いと述べた。これと共にグーグル、アップル、マイクロソフトのような企業は、資本で稼げる収益面で素晴らしい企業だといった。

彼らは資本をあまり必要とせず、現金を吐き出しています。最近の株価の成果はいまいちかもしれませんが金利が1%未満の国債と比べればとっても魅力的な株です。

ここ数ヶ月間、金利が上昇したものの、バフェットが言った根拠はまだ事実である。ノーリスク金融商品の収益率に比べて投資資本収益率が高いテック企業の方が良い投資対象に見える。なぜなら、より良いキャッシュフローとリターンを創出しているからである。

数字を通して見てみよう。

昨年アップルは730億ドルの余剰キャッシュフローを生み出した。今後60年間、アップルが(インフレと同様に)年間2%ずつ成長し割引率2.5%と仮定して適用すると、アップルの割引市場価値は3.8兆ドルとなる。この例はコロナ過前の金利を前提としたものである。 

現在、10年債利回りは1.62%である。上記の計算式にこの数値を代入すると、割引市場価値は4.2兆ドルになる。2020年7月の0.6%の金利を適用すると、6.1兆ドルとなり、現在の時価総額の3倍に迫る。 

このような数値は1つの例に過ぎないので、このまま投資に適用してはならない。しかし、過去1年間は金利の変化が企業のバリュエーションをどれだけ変化させられるかを示した。 

もちろん金利が現在の水準に維持されるかは大きな問題である。数兆ドルの価値がある問題だ。

ウォーレン・バフェットが注目する複利効果の魔法

出典:Berkshire Hathaway Looks to th - GuruFocus.com

 Article's Main Image

多くの投資家はウォーレン・バフェットの投資方式を分析するために時間をかけている。70年間続いたオマハの賢人の投資方式に学ぶことが多いが、バフェットが獲得した投資機会の中で存在しないものも多いことを認めなければならない。

バフェットは一個人に過ぎないことを認識することも重要である。それほど彼の投資人生の中にも生存バイアスが存在している。他の多くの投資家が彼にして、そのような成果を達成しようとしたが、失敗したからである。 かといって、彼がビジネスと投資に関する多くの経験を持っているという事実を否定する人は誰もいない。

バフェットと福利効果の魔法

投資家たちはバフェットがどこに投資したかを分析することに時間をかけているが、彼が資産を増やしたプロセスにはあまり注目しない。実際にバフェットは注目すべきいくつかの会社に投資してきた。しかし、その背景には毎年大きな損失を避けて、税金を最小限に抑え、再投資の可能性を最大限にして資産を蓄積できる能力がある。 

彼は幼い頃から、毎年の収益率を複利で増やすことが投資活動の中で最も重要であることを理解した。それ以来、福利効果が投資戦略の指針となった。バフェットは、クイックリターンに集中したり、日々変動する株価に気を取られるよりは、常にできる限り高いレートで資本を福利化するために力を注いできた。 

福利効果に対する彼の考えは、1960年代半ばに送った株主への手紙に定期的に現れた。たとえば、バフェットは1963年の手紙で次のような事例を説明した。

本当かどうかわからないが、イザベラ女王がコロンブスに支援した航海の資金は、約3万ドルだったそうです。ベンチャー投資としてはかなり成功した投資でした。新大陸を発見して得られた精神的な利益を除き、占有者の権利を得たにもかかわらず、取引全体的にはそれほど収益がなかったことを指摘したいです。ざっくり計算し見たら、30,000ドルを1962年までに毎年4%ずつ複利で運用した場合、2兆ドルになります。このような指数関数的な増加は、長生きすることやお金を適当な福利で運用することがいかに重要であるかを表します。長生きすることに関しては特に役立つ情報はありません。

たとえ比率が低くても長期間続くと、福利効果がどのような力を発揮してかを示す事例である。1964年の手紙では別の事例を説明した。

フランソワ1世は1540年にレオナルド・ダヴィンチのモナリザ絵を購入しました。

もしフランソワ1世(及び資産管理人たち)がずっと生きててモナリザを購入した金額を年間6%の収益率で投資できたとすれば、現在1000兆ドルになります。この話だけで、芸術作品が投資対象として相応しいかについての議論は終わると思います。しかし、昨年指摘したように、ここには違う教訓が含まれています。一つは、長生きすることがすごく重要だということです。もう一つは、小さな福利変化によっても結果に大きな違いをもたらすということです。

バフェットがここで説明しようとしていたのは、成長率が比較的低くても長期間継続的に複利で成長すれば大きな利益につながることである。

しかし、福利効果の魔法はその過程の中で重大な損失を含まない場合にのみ発揮される。ここで、重大な損失とは永久的な資本損失を意味する。 

バフェットが上記の手紙を書いてから57年が過ぎた。その間、彼の複利は例であげた4%と6%をはるかに超えた。今のような低成長環境では、バフェットが初めて資金運用で得た収益率を達成できないかもしれない。しかしだからといって、彼の手紙で明らかにしたことの意味がなくなることは絶対にない。バフェットが1963年に書いたように、このような素晴らしい指数関数的な発展は、長生きするか資産を複利で増やすことが重要かをよく示している。

アマゾンのMGM買収 株主が気にしない理由

 

 

f:id:amekabuclub:20210606153802p:plain

Illustration: Rae Cook/Axios

主要メディア企業の買収(AT&Tとタイム・ワーナーのように)は、ほぼ成功したことがないので、株主を説得させることは非常に難しい。しかし、アマゾンはそのような問題を抱えていない。莫大な規模のおかげで、あえて支出を正当化する必要がないからである。 

アマゾンの時価総額1.65兆ドルで昨年の売上は約4,200億ドルのこれまで見たことない世界で最も価値のある企業である。定期的に数十億ドルがかかる決断をしており、多く場合は後にひどいアイデアだったことが分かった(ファイヤーフォンとドローン配送など)。

  • しかしアマゾンの事業全体が恐ろしいスピードで成長し続けるため、株主は経営陣の戦略を再考しないことを学んだ。

報道によると、アマゾンはMGM(Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.)を85億ドルで買収しようとしている。他の企業であれば、投資家の批判を避けられないほどの非常に高い金額である。 

  • アマゾンのプレスリリースによると、MGMの知的財産の一部を再考するといった漠然とした約束以外、今回の買収を正当化する必要性を全く感じない様子である。 

数字上では85億ドルという買収金額は以前の四半期にアマゾンが稼いだ103億ドル(税引前利益)にははるかに及ばない。また、会社が保有している現金710億ドルの約12%に過ぎない。

大きい方針としてアマゾンは配当もしないし自社株買いもしない。もともと会社の方針は創出したキャッシュフローは新しいビジネスやチャンスに積極的に再投資することである。 

いくつか避けられないミスがあったものの、今までこの方針は株主にとってうまくいっている。

結論として、今回の買収は潜在的なメリットがある。しかし、もし失敗に終わってしまっても、アマゾンが全体として世界で優位性を保ち続ける限り、株主が気にする可能性は低い。