アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

世界の音楽ストリーミング市場、過去最高の売上

 出典:Global streaming music revenue hits all-time high - Axios

火曜日、国際レコード産業協会(IFPI)の報告書によると、ストリーミング音楽の売上高は、世界のアルバム売り上げの62%である134億ドルを記録した。

IFPI issues Global Music Report 2021 - IFPI

 

 

主な理由

ストリーミング市場の売上高は、コロナ禍の中で、それぞれ5%と10%近く減少した実物のアルバム売上高と著作権使用料の売上高の減少をカバーできた。 レコード産業は、過去12年間売上高が停滞または減少した後、ストリーミング部門の急成長によって6年連続で成長に転じた。

 

数値

昨年ストリーミング売上高は2019年に112億ドルから大幅に増加した。 比較すると、2014年底値で世界レコード産業の総売上高は140億ドルだった。

 

  • 20年全体のアルバムの売上高の97%である230億ドルを実物アルバムが占めた。

 

  • 2006年ストリーミングの売上高は、全体のアルバムの売り上げの1%未満であった。

 

大きな流れ

ストリーミング売上高の増加の原動力は、有料購読サービスが約19%の成長率で成長している。

 

  • 現在ストリーミングサービスは、48カ国の市場で世界レコードの売上高の半分以上を占めている。

 

  • ストリーミングサービスの売上高は、ラテンアメリカレコード工業を支配しており、地域全体で84%を占めている。

 

  • 2月のRIAAの別のレポートによると、米国のアルバムの売上高の83%がストリーミングサービスによる売上であることが分かった。

 

現在の状況

昨年最も人気があって最も多く売れたグローバル3大レコーディングアーティストはBTSテイラー・スウィフトとドレイクである。

 

  • Weekndの「Blinding Lights」が最高のデジタルシングルであり、アルバム販売量1位はBTSの「Map of the Soul:7」である。

 ↓↓↓BTS「ON」

www.youtube.com