アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

コーヒー缶ポートフォリオ戦略

 出典:The Coffee Can Approach • Novel Investor

 

コーヒー缶ポートフォリオ戦略とは

コーヒー缶ポートフォリオ戦略は、一つの決定だけ行う投資戦略である。

この戦略は株を「買う」だけ。まさにそれだ。「売る」という難しい選択を無くした。

 

 

売らないという戦略

ロバート・カービー(Robert Kirby)は、一人の顧客に出会った後、この戦略を構想した。 カービーは約10年間に一緒に働いた顧客がいた。この顧客だったA夫人の夫が突然この世を去り、夫の投資ポートフォリオを自分のポートフォリオに追加し、カービーが管継続して管理するようにお願いした。カービーが夫の投資ポートフォリオを検討した時、衝撃と驚きに包まれた。夫はA夫人のポートフォリオにを真似していたが、収益率ははるかに高かったからだ。

 

今までカービーがA夫人に買収を勧めた銘柄を夫も真似して買っていた。そのたびに夫は、約5千ドルずつの株を買った。しかし、カービーがA夫人に売りを勧めたアドバイスを、夫は真似しなかった。夫は株式を購入するたびに受領した株券を金庫の中に入れてから何もしなかった。

 

ごちゃごちゃしているポートフォリオだが...

10年後、株券が積もり夫のポートフォリオは、いくつもの株でゴチャゴチャになっていた。多くの銘柄が初めて投資した5000ドルよりも価値が低くなっていた。高くなったいくつかの銘柄もあった。実際には価値がはるかに高くなっていた。いくつかの銘柄の価値が10万ドルを超えており、ゼロックスの価値は80万ドルを超えていた。

 

一番のポイントはコストを無くすこと

カービーはこう説明する。

コーヒー缶ポートフォリオは、かつて西部時代までさかのぼります。当時の人々は、貴重品をコーヒー缶に入れてマットレスの下に保管していました。コーヒーの缶は取引費用も、管理コストも、他のどんな費用もいただきません。この戦略の成功するかどうかは、コーヒー缶に入れるものをどれだけ賢く選ぶかにかかっています。

コーヒー缶のアプローチがまともな収益率、ゼロックスみたいに数十倍の収益率を保証するわけではない。目的はそれではない。株式市場に出入りするコストをなくすことが目的である。なぜなら、投資では活動が多いほど、一般的には悪い結果につながる。カービーが示したように、何もしない戦略は、より積極的な戦略を超える。

 

他にもメリットはある

もちろん、コーヒー缶アプローチには、いくつかの他のメリットもある。

一番難しい「売る」という判断をしない
  • 「売り」決定をしなくても良いので、投資で最も困難な部分を排除できる。また、「売り」に対する恐怖が実際にお金を稼ぐ際に邪魔になることが多い。カービーの事例のように、ポートフォリオが収益を記録するためには、すべての銘柄が収入にならなくても良い。少数の勝者の収益ですべての敗者の損失を補うこともできる。
 貯蓄しなければ...
  • 貯蓄を奨励する。「売り」がなく「買い」だけなので、次回「買い」のための節約しなければならない。
売らなければ税金もない
  • 税金の心配がなくなる。絶対に売らない時のメリットは、税金を支払う必要がないということだ。税金は利益の障害である。このような障害を取り除くと長期収益率も良くなる。(配当金が問題かもしれないが、税金の優遇口座を適切に使用すると、解決できる。)
長期投資は強い
  • 長期投資を奨励する。株式市場の短期的特性に反することは何でも投資家に有利に動く傾向がある。もちろん10年を念頭に置いて投資すれば、今後6ヶ月の間に市場がどのようになるか心配したり、推測する必要がない。
 企業選びに専念できる
  • 選択することに集中できる。ウォーレン・バフェットのパンチカードのアプローチを考えてみるとわかる。20回だけ穴をあけられるパンチカードが与えられ、一度投資するたびに穴が一つずつ開けられる。どのように20回を使うか?穴毎に効果的に使用する方法を考えなければならない。今後10年または20年の間を考えてよい投資先を選ばなければならない。今後、業界のリーダーになる可能性がある小型株や今後も業界内での競争力を維持できる、特に配当金を引き上げてきた長い歴史を持つ既存の市場リーダーを好むようになる。投資の時間がより長いほど、支払う価格も重要だが、会社の質はもっと重要である。
 我慢、我慢、そして我慢
  • 忍耐力を盛り上げる。より長い投資時間と選択に集中するのためには、必ず忍耐力が必要である。
何もしないことも簡単ではない
  • 行動をしないようにしてくれる。何もしないことが決して簡単ではないが、カービーが指摘したようなメリットがある。行動したい誘惑は常に存在する。そして、すべての市場サイクルにはどんなことでもしたい衝動が何もしないことのメリットを圧倒する時期がある。もちろん、行動は過剰取引につながる可能性があり、これは損失になることは証明されている。

 

アクションすることはコストにつながる

すべての投資を一度の決定で終えてくれることが、コーヒー缶ポートフォリオ戦略の優れたところである。このプロセスで、一般的な投資コストは省略される。取引コストだけでなく、株式市場を出入りすることによる行動コストもなくなる。