アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

ウォーレン・バフェットがポートフォリオに追加した3つの銘柄は?

出典:Warren Buffet’s Berkshire Reveals Three New Secret Buys

 

アップルのポジション調整による現金確保

ウォーレン・バフェットバークシャー・ハサウェイは、4Q20の決算でアップルの割合を縮小したことを発表した。また、ポートフォリオに新たに3つの銘柄を追加したことも公開した。

 

 

3つの銘柄を新たにポートフォリオに追加

バークシャーが追加した銘柄は、ベライゾン(Verizon Communications Inc.)、保険会社マーシュ・アンド・マクレナン(Marsh&McLennan Cos)及びシェブロン(Chevron Corp.)である。このニュースにより、3社の株価は場外取引上昇した。

 

アップルの割合を縮小したことで、2020年末に約1,200億ドルの現金を確保した。それでも、単一株式としてはポートフォリオの中で最も大きな割合を占めている。

 

金融セクターのポジション縮小

バフェットと彼の投資の代理人トッドコムズとテッドウェアシューラーは新型コロナがアメリカを襲ったことにより、過去1年間のポートフォリオを見直した。バークシャーパンデミックの中で頑張ったものの、消費者金融と商業用不動産から打撃を受けた銀行部門に多大な投資をしていた。ここ数カ月の間、バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)のような場所の割合は維持しながら、その他銀行部門の割合は縮小してきた。

 

バークシャーJPモルガン・チェース、PNCファイナンシャルサービスグル​​ープ、M&Tバンコープの株式を完全に処分し、ウェルズ・ファーゴの持分は59%も減らした。またメルク・アンド・カンパニー、アッヴィ、ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社の株式を増やすことによって、製薬業界に掛けていたが、ファイザーを完全処分し、最近の投資を終えた。

 

昨年話題の金関連株も全部処分

バリックゴールドからも手を引いた。今までバフェットが金を投資対象としていなかったため、去年の投資にはみんな驚いていた。また、ゼネラルモーターズの投資も縮小し、第4四半期末基準で約30億ドル水準の株式を保有することになった。

 

新しいポジションの一部には、かなりの金額を投資した。バークシャーは2020年末に41億ドル相当をシェブロンに投資し、マーシュ・アンド・マクレナンは4.99億ドルを賭けた。また、過去にも投資したことあるベライゾンにも86億ドルを投資した。

 

amekabuclub.hatenablog.com

 

 

amekabuclub.hatenablog.com