アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

キャシー・ウッドに勝っているアルゴリズムETF「MOON」とは?

出典:This Small ETF Used An Algorithm To Outperform Cathie Wood 

 

ARKインベストのCEOであるキャシー・ウッドが運用しているファンドの成績はとってもよかった。しかしARK社のファンドより良い収益率を出しているファンドがここにある。

 

Direxion(ディレクション)のETF MOON

直近数ヶ月間は、革新的な技術にフォーカスを当てたETFが主流だった。キャシー・ウッドが管理するARKインベストのアクティブETFが急激に上昇したことによるものである。 

しかし、最近リリースされたより手動的な、ディレクションETFがARKの220億ドル規模のメインファンドであるARKK(Ark Innovation ETF)を引き離しているETFデータベースによると、運用資産1.81億ドル規模の「MOON」(Direxion Moonshot Innovators ETF)が、34%上昇しておりARKKより高い収益率を記録している。

 

 

ディレクションの製品責任者Dave Mazzaはこう述べた。

私たちの最大の差別化要素は、初期革新段階にある超小型株、小型株、一部の中型株にフォーカスしたことです。私たちの目標は、定量的および定性的分析を通じて最も革新的なパフォーマンスを見せる50銘柄を選別することです。

 

ARKKより優秀なパフォーマンス

 

ETFデータベースによると、過去13週間「ARKK」が記録した13.15%の収益率に対し、「MOON」は43.84%を記録している。また、「ARKK」の年間運用報酬は0.75%だが、「MOON」は0.65%でより安くなっている。11月12日の発売以来、2月28日までに、MOONはNAV(純資産価値)比70%以上の収益率を上げた。

 

Mazzaは純粋に受動的な方法では、次世代のハイテク企業に成長する小型で革新的な企業を識別できないだろうと述べた。標的が小さすぎるからである。

イノベーションは流行りです。ETFだけでなく、様々なところで使われています。我々は技術革新に投資するために、初期段階の革新企業に集中します。

MOONは「S&P Kensho Moonshot Index」を追跡するが、この指数はFAANGのような大型株を除く、アメリカの50個の「最も革新的な」企業でポートフォリオを構成する。 

また、「イノベーションの割り当て」と「イノベーションに取込む気持ち」を基準にアメリカの中小型企業を評価する。

 

AIアルゴリズムによる評価

 

イノベーションの割り当て」は、同業の競争企業と比較し、売上高比の研究開発費の比率を基準に順位を付けて測定する。

 

イノベーションに取込む気持ち」は自然言語処理を利用して、企業の最近の規制申告書に登場したイノベーション関連用語を探索するAIアルゴリズムで点数をつける

気持ちだけで良いとは言えません。結果的にイノベーションに取り込んでいると言葉だけで、実際には何もしていない企業を除外すべきです。この方式が強力な理由は、「イノベーションにの割り当て」と「イノベーションに取り込む気持ち」を組み合わせるためです。定量ポートフォリオを運用した経験を通して、この分野での行動バイアスをなくす体系的で規則的なアプローチに大きい可能性があると思います。

 

ディレクションは修正された同一加重方式を使用し、一番点数が高い50銘柄に重みを与え、十分取引可能な流動可能性で順位を補正する。同一加重方式は比較的大きい中型株がポートフォリオを支配する状況を避けるようする。

 

その結果、ポートフォリオにはテック企業が42.7%、医療企業が20.3%、製造業が19.9%の割合を占めている。MOONの上位銘柄は、Plug Power、iRobot、Microvision and Vir Biotechnologyがある。

サブ部門を見ると、「MOON」の20%近くは遺伝子工学関連銘柄であり、16.8%はサイバーセキュリティ関連の銘柄である。他の主要部門としては、クリーンテクノロジー、デジタルコミュニティ、ドローン、ウェアラブルがある。

 

中小型株を中心としたポートフォリオ戦略

 

また、「MOON」は自動売買ルールを使用する。一部の投資家はこのような「イノベーション」技術株が過大評価されるまで保持したいかもしれないが、このETFは中小型株にフォーカスを当てており、常に次の可能性がある銘柄を探す。

これらのポートフォリオのメリットの1つは、投資家がよく分からない銘柄にアクセスできることです。我々はわざわざポートフォリオこのような新しい銘柄の一部を入れようとしました。投資家が単一銘柄で保有することに比べて、良い補完策になると思います。個人投資家たちには難しい中小型株の分析を、我々が代わりにしていると考えればよいです。