アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

アマゾンのMGM買収 株主が気にしない理由

 

 

f:id:amekabuclub:20210606153802p:plain

Illustration: Rae Cook/Axios

主要メディア企業の買収(AT&Tとタイム・ワーナーのように)は、ほぼ成功したことがないので、株主を説得させることは非常に難しい。しかし、アマゾンはそのような問題を抱えていない。莫大な規模のおかげで、あえて支出を正当化する必要がないからである。 

アマゾンの時価総額1.65兆ドルで昨年の売上は約4,200億ドルのこれまで見たことない世界で最も価値のある企業である。定期的に数十億ドルがかかる決断をしており、多く場合は後にひどいアイデアだったことが分かった(ファイヤーフォンとドローン配送など)。

  • しかしアマゾンの事業全体が恐ろしいスピードで成長し続けるため、株主は経営陣の戦略を再考しないことを学んだ。

報道によると、アマゾンはMGM(Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.)を85億ドルで買収しようとしている。他の企業であれば、投資家の批判を避けられないほどの非常に高い金額である。 

  • アマゾンのプレスリリースによると、MGMの知的財産の一部を再考するといった漠然とした約束以外、今回の買収を正当化する必要性を全く感じない様子である。 

数字上では85億ドルという買収金額は以前の四半期にアマゾンが稼いだ103億ドル(税引前利益)にははるかに及ばない。また、会社が保有している現金710億ドルの約12%に過ぎない。

大きい方針としてアマゾンは配当もしないし自社株買いもしない。もともと会社の方針は創出したキャッシュフローは新しいビジネスやチャンスに積極的に再投資することである。 

いくつか避けられないミスがあったものの、今までこの方針は株主にとってうまくいっている。

結論として、今回の買収は潜在的なメリットがある。しかし、もし失敗に終わってしまっても、アマゾンが全体として世界で優位性を保ち続ける限り、株主が気にする可能性は低い。