アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

ジェラルドローブの12の投資知恵

ジェラルド・ローブは1930年代から60年代に至るまでウォール街の伝説的な株式ブローカーとして、またファンドマネージャーがいなかった時代に優秀な投資マネージャー(Investment Manager)として名声を築いた。

当時、米国最大の証券会社だった「E.Fハットン」をローブの会社として認識させるほど、彼はウォール街の「スターブローカー」だった。特に1921年株式投資を始めた時には1万3000ドルだった全財産が、1960年代末までに3億ドルになり、素晴らしい投資収益率を記録したことでも有名である。
著書には「The Battle For Investment Survival」と「The Battle For Stock Market Profits」があり、前者の本は和訳版も出版されている。


ジェラルドローブの投資知恵

  1. 株式市場を動かす最も重要な要素は大勢の人の心理だ。
  2. 株式市場で収益を出すためには、他の人よりも先に動くか、人々が同じ方向に動くかを予測できなければならない。
  3. 損失を受け入れることが資本の安全を確保するための最も重要な措置である。
  4. 毎年、収益を出す投資家と損失を出す投資家の違いは、銘柄の選択や市場タイミングを読む能力ではない。それよりも収益を出している銘柄は収益が膨らむようにそのままにしておき、損失を出す銘柄は切り離せる能力があるかないかである。
  5. 株式市場の全体が動き始める初期段階に重要な兆候がある。先に動き始める銘柄があり、他の銘柄よりも先に高値を記録する。
  6. 「1枚の絵は千の言葉より価値がある」ということわざがある。言い訳や説明より収益で証明する方が価値があると言い換えられる。株価と推移は投資家が見つけられる最も簡単な指標である。
  7. 収益とは自分が望んでいるか必要だからといって発生するものではない。チャンスが現れた時に積極的に活用することで生じる。
  8.  投資で生存するための戦いで成功する鍵は、投資せずに良いチャンスが現れるまで現金で保有する意志と能力である。
  9. インフレやデフレには多くの要因が作用するが、その中で重要な要因は人々の心理である。物価が上がるという人々の思いが実際に物価を上がらせ、その逆も同様であり、その推移のモメンタムを維持させる動力である。
  10. ほとんどの人、特に投資家は特定利回りを設定し、その目標を達成するために努力するが、数年後振り返れば手に残るのはマイナス収益率である。リスクを減らしながらもチャンスを生かすことが大事である。
  11. 重要であるかどうかに関わらず、すべての関連要素は株式市場の動きに反映される。さらに、ほとんどの環境で株式市場の動きそのものがより多くの買収を生み出す。ニュースが株式市場を予測するよりも、株式市場がニュースを予測する。つまり、ニュースになって株式市場が動くより、株式市場が動いてからニュースになる。
  12. 市場が強気の時はアナリストは必要なく、弱気の時もアナリストは必要ない。

 

出典:12 Market Wisdoms from Gerald Loeb – Ivanhoff Capital