アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

初めて発表したアマゾン(Amazon)の巨大な広告ビジネス規模

2月3日に発表したアマゾン(Amazon)の決算発表で、昨年広告ビジネスの売上が310億ドルであることを明らかにした。今までは自分たちの広告ビジネスに対する正確な規模を公開していなかった。​

Amazonは世界で最も成長している広告ビジネス部門を運営しており、マイクロソフトMicrosoft)、スナップチャット(Snapchat)、ツイッターTwitter)の広告売上の合算した金額より多いことが分かった。​

Amazonが広告ビジネスを本格的に始めたのは、10年前である。直近4年に渡って、広告ビジネスへの継続的な投資を行い、大きく成長できた。​

今まではアマゾンの広告ビジネス部門の売上が大きいと予測されてはいたが、広告売上を「その他」売上として発表していたため、正確な規模までは分からなかった。アマゾンは連休の多い買い物のおかげで2021年第4四半期に97億ドル近くの広告売上を上げることができた。また、史上最大規模のブラックフライデーからサイバーマンデーも実施した。​

アマゾンの広告ビジネスがこれだけ巨大な規模ではあるが、イーコマースやクラウド事業を含む全体のビジネス規模からすると一部分に過ぎない。第4四半期の全体売上高1,374億ドルで広告部門が占めている割合は約7%である。​

アマゾンは動画広告とバナー広告などいろんな種類の広告を販売している。その中で、広告売上のほとんどは、検索結果上段に表示されるスポンサー製品広告の売上である。

他に注目すべきこととして、アマゾンの広告ビジネスはソーシャルメディアではなく検索に含まれるため、フェイスブック広告ビジネスに大きな影響を与えているアップルのプライバシーポリシーの変更にそれほど影響を受けない

 

amekabuclub.hatenablog.com

広告ビジネス対するアマゾンの最大のリスクは、独自のイーコマースの成長である。アマゾン広告のほとんどが検索結果に自社製品を目立たせようとする入店企業に販売されるため、広告事業は入店企業と独自イーコマースプラットフォームの成果と密接な関係がある。

 

 

参考:Amazon finally reveals the size of its massive ad business - Axios