アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

ビッグテック企業はどのようにお金を稼いでいるか


2021年、アップル、アマゾン、グーグル(アルファベット)、メタ、マイクロソフトの5大ビッグテック企業は全部合わせて1.4兆ドルの売上を達成した。​

この売上の源泉は何であり、どのように分類されるかについてみてみよう。

ビッグテック企業の売上分析

下の図で示されているようにビッグテック企業が売上を生み出す方法は主に2つある

  1. 私たちに製品を販売する
  2. 私たちに広告主の製品を買わせる

A Breakdown of Big Tech Revenue Streams

アップル、マイクロソフト、アマゾンは1つ目のカテゴリに属している。昔からある企業と同じように、消費者に対して物理的な(もしくはデジタル)製品を販売している。アップルの売上は半分以上がiPhoneの販売によるもので、マイクロソフトはAzureクラウドサービスが全体売上の1/3ぐらいで、アマゾンのオンラインストアの売上は50%ぐらいの売上を占めている。​

一方で、メタとアルファベットは先ほどの3社とは異なる。自社製品を販売するわけではなく、人々の注目を集め、広告主とマッチングさせることが売上の大部分を構成している。メタは売上の98%がFacebook広告から発生しているし、Googleは売上の81%を自社の様々なプラットフォームの広告から発生している。

しかし、売上の構成は異なるものの、ビックテック企業5社は一つ共通点を持っている。それは、ここ数年で売上が急増ていることだ

新型コロナの大流行が企業の成長へ

失業率が増加するなどコロナ過による混乱の中で、ビッグテック企業は素晴らしい売上増加を経験した。​

2019年(コロナ過前)、ビックテック企業の総売上はその前に比べて12%増加した。しかし、2020年に世界的な新型コロナの大流行が始まり、それに応じて様々な経済的問題が発生している中、ビックテック企業の総売上は19%増加した。

さらに、2021年度の総売上は27%増加した。

ブランド

2020年度

売上(億ドル)

2021年度

売上(億ドル)

昨年比

(YoY)

アップル

2,745

3,658

33%
アマゾン 3,861 4,498 22%
アルファベット 1,825

2,576

41%
マイクロソフト 1,431

1,681

17%
メタ 860

1,179

37%
合計 1.1兆

1.4兆

27%

なぜ世界的に社会と経済が混乱している中で、この企業たちは成長できたか?

その理由は新型コロナがトリガになって起こった社会的な変化が、ビックテック企業の製品とサービスに対する需要を高めたためである。​

例えば、外に出られず隔離された人々はオンラインで買い物をしなければならなかったので、オンラインショッピングの売上が増加した。会社のオフィスも閉じられ、完全リモート勤務に移行せざるを得なかったため、ノートパソコンやクラウドベースのサービスに対する需要も高まった。

このような成長が続くか?

最近、ほとんどの国で新型コロナに対する規制が緩和され、世の中は徐々に正常化されている。​

しかし、だからといってビックテック企業の成長が止まったわけではない。新型コロナが変化させた新しい働き方やオンラインで買い物する習慣はこれからも続く可能性が高い。それはビッグテック企業の製品に対する需要も増加し続けるという意味である。​

グローバル企業の役員たちを対象にしたアンケートによると2/3以上がリモート勤務を今後の選択肢として続けると答えている。そして世界のオンラインショッピングの売上は今後も成長し続け、2025年には7兆ドルの規模になると予想されている。

参考:How Do Big Tech Giants Make Their Billions?