アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

ウォーレン・バフェット氏を超えられるのはウォーレン・バフェットのみ 20年後にまた報告してください!

Warren Buffett (L) and Charlie Munger (R) at the Berkshire Hathaway Shareholders Meeting in Omaha, Nebraska on April 30, 2022. (Source: Getty)ウォーレン・バフェット氏のバークシャー・ハサウェイは今年初め、株価が下落する状況でさらに株式に投資した。​

4月30日に行われたバークシャーハサウェイの株主総会で、今年の第1四半期中に511億ドル相当の株式を購入したことを発表した。今年の2月21日から3月15日までで、410億ドルを株式市場に投資しており3月4日だけで46億ドル相当の株を購入している。

私たちはこの3週間で急いで400億ドルを使いまして。今、私たちは少し無気力な状態に戻ってきました。

第1四半期のS&P500指数は2月24日まで13.7%下落し、4,114で低値を記録した後、やや反騰し4.9%下落で終えた。​

このようなバークシャーの動きは、バフェット氏の最も有名な名言をそのまま反映しているようだった。

"Be fearful when others are greedy, and greedy when others are fearful."
人が貪欲になっている時は警戒し、人が警戒している時には自らが貪欲になれ。

だが、バフェット氏の株式市場への投資が、世の中に株式市場が底を打ったという意味ととらえてはいけない。

私たちは市場のタイミングをうまく捉えません。

長い間、株式市場より良い成果を出してきたバリュー指向投資家であり、「オマハの賢人」と呼ばれるバフェット氏の名声は、普通の人たちにとっては市場タイミング(つまり、株価が高値であるか底値であるときに売買する)が分かる名人だと誤解されてしまうこともある。

実際に、バフェット氏の最も有名な名言の一つは、金融危機が最も暗いトンネルに入っている時に、株式に投資すべきとということだった。​

しかし、4/30の株主総会で自分自身は市場のタイマーではないことを明らかにした。

月曜日に株式市場がオープンしたとき、どの方向に向かって動くかについて、私たちは全く知りません。

2008年の秋、リーマン・ブラザーズが破産した際に、バークシャーが株式に約150億~160億ドルを使ったことを言いながら金融危機の時を振り返った。その時は株式市場が底を打つ数ヶ月前の時だった。

株式に投資する最悪のタイミングでした。その時、私はニューヨークタイムズへ「アメリカを買え」と投稿しました。

この記事が出た後、S&P500の指数はさらに26%下落し、2009年3月になって底を打った。

もし私が市場のタイミングが分かっていたら、さらに6ヶ月待ってばよかったでしょう。底値は2009年3月に訪れて、我々はそのチャンスを完全に逃しました。

また、ご存知のように私は2020年3月も完全に見逃しました。新型コロナの大流行が始まる間、株式市場が暴落した後、上昇し始めた時です私たちは市場のタイミングをうまく捉えませんでした。

たしかに、バフェット氏とバークシャーが株式市場の動きを予測する能力があり、そこに自信があれば、第1四半期のポートフォリオは18億ドルの損失にならずに済んだかもしれない。

20年後に会いましょう。

バフェット氏は自分の取引が株式市場や経済に対する短期的な期待のためではなく、企業の長期的な展望を提示するものだと強く強調した。

私たちは、株式市場の今後の方向を考慮し、今が買い時とか売り時だという判断で、動いたことはありません。

株式市場のボラティリティが非常に高い状況の中での発言だった。4月30日にS&P 500指数は3.6%急落した。4月でS&P 500は8.8%下落し、2020年3月以降最悪の月だった。また、1970年以降、最悪の4月として記録された。​

しかし、バフェット氏のような投資家は、買収後の数週間で何かが起こるから新たに取引したり、取引を中断したりすることはない。

私はバークシャーポートフォリオが20年後にはかなり上昇すると予想しています。

1926年以来、株式市場が20年以上の期間でプラス(+)にならなかったことは、一度もなかったことに注目する必要がある。

そうなったかどうかについて、20年後に皆さんに報告いたします。

出典:Warren Buffett busts a myth about Warren Buffett