アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

【投資戦略】長期投資家になるために必要なこと(コミットメントデバイス)

ホメーロスオデュッセイアでは、ユリシーズと船員たちは航海中にセイレーンたちを通過しなければならない状況になる。セイレーンは妙な魅力があり、誘惑的な歌を歌いながら、歌を聴いた人々を死なせる。
ユリシーズはセイレーンの歌を聴いても生き残るため、行動科学を利用した。彼は未来の自分自身を守るために、今の自分にコミットメントデバイスを設けた。(コミットメントデバイス:目標を達成するため、良い行動はできるように、悪い行動はできないように行動を制約する仕組み)
彼は船員たちが誘惑に落ちないように耳を塞ぎ、自分自身は動けないように体を船に縛った。
投資家が長期投資の恩恵を受けるためには、ユリシーズのような方法を使う必要がある。

 

 

スティーブン・ピンカーは、新作「Rationality」でこれらの行動管理について書いている。ユリシーズは行動できる能力を放棄し、船員にその選択を知らせた。

彼の行動が不自然な理由は、意図的に影響力と主体性を放棄することは理性的に見えないからである。しかし、私たちがこの先の障害物や制約について知っていれば、目標を達成する最も合理的なアプローチになるかもしれない。
投資家として、私たちはユリシーズと同じような状況であることに気づく瞬間がある。私たちは長期的な目標を達成するためには行動を減らさなければならないという事実を知っている。しかし、株市場からの絶え間ない騒音(ニュースなど)は、私たちが不適切な行動をするように誘惑する。
行動しない長期投資家になるということは、非常に簡単に思えるが、最も難しい。どう
すれば、ユリシーズのように未来の私から自分自身を守れるだろう?ユリシーズの船員のように耳を塞げば、株市場のカオス的な動きと予測不可能な経済状況を無視できる。ポートフォリオをあまり確認せず、株ニュースを見ない。計画から遠ざけるようなことは避ける。
自分を船に縛っておくことは、「行動しない」よりも行動をはるかに制限しておくという意味である。パスワードを変更して忘れるなどいくつか追加装置を置いて投資決定プロセスを遅らせることである。
もちろん、私たちはこのようなことは全くしない。「重要」情報を無視し、自分で「必須」投資判断をできなくすることが不合理的に感じるからだ。また、私たちは将来の自分自身が非合理的な判断をするとは思っていない。自分は周りの環境に振り回されることなく理性的に行動すると信じている。
投資で良い成果を得るために正しいコミットメントデバイスを設けることがむしろ非理性的で軽率に見えるかもしれない。「昨日の株市場がどうだったか分からないし、どうだってあまり気にしない」と思うことが、長期的に良い成果を達成する可能性を高めてくれるが、人々はこれを無能だと思ってしまう。
当然ながら専門投資家はこのようなユリシーズ契約を嫌う。彼らは市場に参加して行動することで報酬が発生する。その行動が有意義かどうかは関係ない。彼らはセイレーンの歌を聴くべきであり、メロディーを楽しみながら障害物を避けられると信じているだろう。
しかし、コミットメントデバイスが完全な制約である必要はない。未来の自分自身がその時に訪れたチャンスをより活用できるように設計することもできる。また、バリュエーションが極端なレベルに達したときのみ行動を起こすように、コミットメントデバイスを設定することもできる。
このアプローチは不完全ではある。時が来たとき、まだ自分で決定し、行動しなければならないからだ(そして、その時には今は良い考えではないかもしれないという言い訳を作ってしまう)。しかし、行動するかどうかに対する明確な基準を定めておけば、少なくとも騒音によって誤って判断し、売買しすぎることは防げる。
行動を管理する上で重要な部分は、今後直面する問題を理解し、緩和する方法を事前に考えておくことである。
良い投資とはスタート時点で合理的な判断をし、道のりで誤った決定を避けることである。問題は道のりから抜け出したい思いが圧倒的に強くなる可能性が高いことだ。私たちのほとんどは長期投資家になることを望んでいるが、最初に正しい行動規約を定めていない限り、金融市場で響き渡るセイレーンの歌声がそれを不可能にしてしまうだろう。

出典: Long-Term Investors Must Make a Ulysses Pact | Behavioural Investment

ジェラルドローブの12の投資知恵

ジェラルド・ローブは1930年代から60年代に至るまでウォール街の伝説的な株式ブローカーとして、またファンドマネージャーがいなかった時代に優秀な投資マネージャー(Investment Manager)として名声を築いた。

当時、米国最大の証券会社だった「E.Fハットン」をローブの会社として認識させるほど、彼はウォール街の「スターブローカー」だった。特に1921年株式投資を始めた時には1万3000ドルだった全財産が、1960年代末までに3億ドルになり、素晴らしい投資収益率を記録したことでも有名である。
著書には「The Battle For Investment Survival」と「The Battle For Stock Market Profits」があり、前者の本は和訳版も出版されている。


ジェラルドローブの投資知恵

  1. 株式市場を動かす最も重要な要素は大勢の人の心理だ。
  2. 株式市場で収益を出すためには、他の人よりも先に動くか、人々が同じ方向に動くかを予測できなければならない。
  3. 損失を受け入れることが資本の安全を確保するための最も重要な措置である。
  4. 毎年、収益を出す投資家と損失を出す投資家の違いは、銘柄の選択や市場タイミングを読む能力ではない。それよりも収益を出している銘柄は収益が膨らむようにそのままにしておき、損失を出す銘柄は切り離せる能力があるかないかである。
  5. 株式市場の全体が動き始める初期段階に重要な兆候がある。先に動き始める銘柄があり、他の銘柄よりも先に高値を記録する。
  6. 「1枚の絵は千の言葉より価値がある」ということわざがある。言い訳や説明より収益で証明する方が価値があると言い換えられる。株価と推移は投資家が見つけられる最も簡単な指標である。
  7. 収益とは自分が望んでいるか必要だからといって発生するものではない。チャンスが現れた時に積極的に活用することで生じる。
  8.  投資で生存するための戦いで成功する鍵は、投資せずに良いチャンスが現れるまで現金で保有する意志と能力である。
  9. インフレやデフレには多くの要因が作用するが、その中で重要な要因は人々の心理である。物価が上がるという人々の思いが実際に物価を上がらせ、その逆も同様であり、その推移のモメンタムを維持させる動力である。
  10. ほとんどの人、特に投資家は特定利回りを設定し、その目標を達成するために努力するが、数年後振り返れば手に残るのはマイナス収益率である。リスクを減らしながらもチャンスを生かすことが大事である。
  11. 重要であるかどうかに関わらず、すべての関連要素は株式市場の動きに反映される。さらに、ほとんどの環境で株式市場の動きそのものがより多くの買収を生み出す。ニュースが株式市場を予測するよりも、株式市場がニュースを予測する。つまり、ニュースになって株式市場が動くより、株式市場が動いてからニュースになる。
  12. 市場が強気の時はアナリストは必要なく、弱気の時もアナリストは必要ない。

 

出典:12 Market Wisdoms from Gerald Loeb – Ivanhoff Capital

「ウォール街のランダム・ウォーカー」からの教訓

出典:Reading Tea Leaves - HumbleDollar

バートン・マルキール(Burton Malkiel)はベストセラー「ウォール街のランダム・ウォーカー(A Random Walk Down Wall Street)」でテクニカル分析に頼っていた友人に一つのチャートを見せた。友人はマルキールに「どんな企業?」と尋ねた。 

「今が買い時だね。これは古典的なパターンだよ。明らかに次の週までに株価が15ポイントは上がるだろう。」とチャートを分析した友達の言葉だった。
残念ながら、マルキールが友人に見せたチャートは、実際の企業のチャートではなかった。コインを投げて表が出れば陽線で、裏が出れば陰線で表示した架空のチャートだった。つまり、コイン投げの結果のように「株価」がランダムに動いた結果だった。
1973年に初めて出版されたマルキールの本はテクニカル分析の問題を指摘しており、最近の読者は驚くだろう。しかし、当時はテクニカル分析が広く使用されていた。ウォーレン・バフェットでさえ、株価チャートを作成していた。バフェットは後に、「チャートを裏返してみると、他の答えが見えなかったです。だからテクニカル分析が効果がないことに気づきました。」と言った。

この記事をテクニカル分析の話で始めた理由は意味のない挑戦がなくならないからである。例えば仮想通貨を考えてみよう。様々な投資分析マスコミでフィボナッチ数列移動平均線MACD指標等を提示する。ここで重要な質問は「テクニカル分析が意味がなければなぜ多くの人々が使うのか」である。
そこには3つの重要な理由がある。

一つは、人間は狩猟・採集で生存してきた祖先から「パターンを見つける必要がある」という本能を受け継いでおり、テクニカル分析はその本能へ従っている。テクニカル分析を知らない人でさえ市場の動きにパターンがあるかもしれないと思い、お金をかける想像をする。
二つ目は、人間は何かを制御したがる。金融市場は、ニュース(ニュースという言葉の定義には、事前に知られていないという意味が込められている)によって動くので、短期的な価格変動は予測できない。しかし、多くの人々に受け入れがたい考えであり、テクニカル分析でも、FRBの分析モデルでも、ウォール街戦略家の解釈でも、あるいは他の何かを介して、将来を予測する方法を見つけようとする。

たしかに、債券や株式のファンダメンタル価値をある程度は予測できる。私たちは、今後数年間は債券や株式がどれぐらいの収益を得られるか調べることができ、その将来の収益の流れが今の価値に換算するとどれぐらいになるかは計算できる。かといって、債券や株式が明日から上昇するか下落するかは分からないが、なにか価値があるところ投資していると確信することはできる

これが、テクニカル分析が未だに意味があると考える3つ目の理由になる。キャッシュフローを生み出せておらず、今後の見込みもないためファンダメンタル価値を計算する方法がない企業の場合は、テクニカル分析は無意味である。ビットコインや金のようなものが該当する。これらの資産に投資している人は、グラフを見てこのように問いかける。「価格が上がるような理由はあるか?あるなら今買ておいて価格が上がった時に次のバカに売って収益を残せるか?」

本当は、株式のプロ投資家でさえ、このような方法に依存している。株式のファンダメンタル価値を無視するか、株の存在価値を認めないことではなく、テクニカルアナリストのように考えて、価格上昇を推定したり、反転を予想したり、上昇の上限線を見たり、下落を防げるサポートラインが存在すると考えている。
このような考えは、私たちがテレビで見て、マスコミから得られる市場の論評の多い部分を占めている。しかし、これは何の意味もなく、愚かなアクションにつながり、私たちが積み上げた長年の結果を台無しにしてしまう。

企業の価値、そしてそれに伴う株価は企業が稼げる能力、つまりその企業が配当金や自社株買いを通して株主に還元できる能力にかかっている。株式投資家であれば、まさにここに注目すべきである。なぜなら?それが重要だからだ。 S&Pやダウ・ジョーンズのアナリストは、企業収益が昨年の経済封鎖から回復されたことにより、2021年の企業が報告した収益が(基底効果により:コロナで落ち込んだ時から比較するため)97%も上昇し、さらに2022年には8%上昇すると予想している。このような企業の収益増加が投資家として株式を所有する理由であり、長期的株価上昇を牽引する要因である。

ビットコインやイーサリウムはどうだろうか?おそらく価格が上がると思われる。しかし、ファンダメンタル価値がないことを考慮すると、その理由はわからない。移動平均線MACD指標がその理由だろうか?