アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

投資において、20年後に決して後悔しない6つのこと

人生は取引の連続である。私たちはほとんどの行動を不完全な情報に基づいて行う。 時々愚かな判断をするが、うまくいくこともある。 時には賢明な判断をするが、まったくうまくいかない場合もある。 成功と失敗には、私たちの想像よりもはるかに多くの運が必…

ウォーレン・バフェット氏を超えられるのはウォーレン・バフェットのみ 20年後にまた報告してください!

ウォーレン・バフェット氏のバークシャー・ハサウェイは今年初め、株価が下落する状況でさらに株式に投資した。​ 4月30日に行われたバークシャーハサウェイの株主総会で、今年の第1四半期中に511億ドル相当の株式を購入したことを発表した。今年の2月21日か…

【2022年4月30日】バークシャー・ハサウェイ株主総会 ウォーレンバフェット氏からの2022年投資アドバイス

2022年4月30日にバークシャー・ハサウェイの株主総会が行われた。91歳の伝説的な投資家ウォーレン・バフェット氏が2022年の厳しい株式市場に置かれている投資家のためにアドバイスをした。特に「インフレの中でできる最高の投資は自分自身への投資」というア…

【テンプレート付】Googleスプレッドシートで自分のポートフォリオを管理する方法

自分のポートフォリオを管理するためにGoogleスプレッドシートを利用した株価管理について紹介したいと思います。記事の最後のテンプレートもつけていますので、是非参考にして自分に合ったポートフォリオ管理シートを作成してみてください。

ビッグテック企業はどのようにお金を稼いでいるか

2021年、アップル、アマゾン、グーグル(アルファベット)、メタ、マイクロソフトの5大ビッグテック企業は全部合わせて1.4兆ドルの売上を達成した。​ この売上の源泉は何であり、どのように分類されるかについてみてみよう。 ビッグテック企業の売上分析 下…

物価が10%上がるなら、給料も10%上げるべき? インフレと所得に対する偏見について

最近、アメリカのCPI(消費者物価指数)が前年比+8.5%と集計され、インフレーションに対してたくさん議論されており、個人の財政や資産に影響を及ぼしている。残念なことに、インフレが所得に与える影響に対して多くの人が間違って認識していることが1つあ…

意外と簡単なお金持ちへの道のり ウォーレン・バフェット氏がお金持ちになれた秘訣

ウォーレン・バフェット氏は投資界の伝説である。 バークシャー・ハサウェイのCEOとして、大恐慌の時代に生まれて、自力で成功した人である。バフェット氏の成功は知性と忍耐力そして時間の成果である。 そして、彼のような知性を持つことは難しいかもしれな…

バリュー投資家 ウォルター・シュロス氏の投資名言

ウォルター・シュロス氏(Walter Schloss)は柔軟な投資家だった。彼は自分の投資ポリシーを保ちながら、時代の変化に合わせて戦略を調整していった完璧なお見本だった。しかし、シュロスの戦略変化はウォーレン・バフェット氏のような急激な変化ではなかっ…

アマゾンとアルファベットの株式分割、気になる次の企業は?

3月9日に発表したアマゾンの株式分割で株価はほぼ3,000ドルから150ドル以下の水準まで下がると予測される。​ アマゾンの株式分割は、1ヶ月前に発表したアルファベットの発表に続き、市場の注目を集めている。次の候補に名があがっている企業は、ブッキングホ…

企業が株式を分割する理由

スーパーマーケットの窓辺に大きなチーズが並んでいることを想像してみよう。もしこのチーズの値段が上がれば、多くの人々が買えなくなるほど高くなることもあり得る。そうなった時、スーパー側はチーズを売り続けたいと思うし、消費者はチーズを少しでも買…

【2022年版】ウォーレン・バフェットの株主への手紙 2021年の振り返り 株主への年次書簡のまとめ

ウォーレン・バフェットは2月27日、年に一度の「株主への手紙」と言われる年次書簡を含む2021年の年次報告書を公開した。バフェットからの手紙は株式市場が終わっている間に、株主がじっくり読めるよう土曜日の午前中に資料を公開した。新型コロナウイルス禍…

初めて発表したアマゾン(Amazon)の巨大な広告ビジネス規模

2月3日に発表したアマゾン(Amazon)の決算発表で、昨年広告ビジネスの売上が310億ドルであることを明らかにした。今までは広告売上を「その他」売上として発表していたため、正確な規模までは分からなかった。アマゾンの広告ビジネスがこれだけ巨大な規模で…

【21Y4Q決算】メタフラットホームズ(Facebook)とペイパル(PayPal)の暴落 チャンス?危機か?

FOMC発表からビックテック企業の業績発表への流れの中でフェイスブックから社名を変更したメタフラットホームズとペイパルが暴落した。暴落した理由は企業が発表したガイダンスが原因である。

【2022年版】オマハの賢人 ウォーレン・バフェットが選んだ銘柄トップ20

ウォーレン・バフェットはビジネス競争力が強い企業を良い値段で投資もしくは買収し、資産を拡大してきた。また、バフェットは配当株を好む傾向がある。ウォーレン・バフェットは長年に渡って実績がある株主第一主義企業が好きである。ウォーレン・バフェッ…

マイクロソフト(Microsoft)がアクティビジョン・ブリザード(Activision Blizzard)を買収した5つの理由

マイクロソフト(MSFT)が、アクティビジョン・ブリザード(ATVI)を687億ドルの全額現金で買収することに合意した。ビデオゲーム業界の大手2社が合併することになった。マイクロソフトは2016年にリンクドインを買収した金額の3倍となり、歴代最大の取引にな…

キャシー・ウッドのARKKはバブル崩壊しているか?

バブルがどんなものなのか分からないほど、市場で長く活動した投資家は多くない。1980年代に日本株式市場は莫大に上昇したが、1990年代に大暴落することになった。その10年後にはインターネットバブルも同じような流れになっていた。 2021年のS&P 500(SPY)は…

ポートフォリオの5%をビットコイン(仮想通貨)で保有する戦略

キャシー・ウッドが語る仮想通貨の資産価値 最近、ARK(アーク)インベストメントマネジメントのCEOであるキャシー・ウッド(Cathie Wood)は、CNBCとのインタビューで仮想通貨について語った。 「機関投資家が参加し、最終的にポートフォリオに5%を配分す…

2022年版の「ダウの犬」戦略 ダウの犬戦略と構成銘柄

「ダウの犬」とは、アメリカのダウ・ジョーンズ平均指数に編入された30銘柄のうち、前年度配当利回りが高い10銘柄を意味する。前年度終値基準でダウの犬である10銘柄に同じ金額を投資した後、一年の最後の取引日まで保有して売る投資方式をダウの犬戦略とい…

2022年 アメリカの株市場は純利益に注目!

2022年の米国株式市場で注目しないといけない最も重要な指標は純利益である。株式市場は全て純利益と純利益に対する期待値への結果であり、時間の経過とともに株価を牽引する最も重要な原動力である。 2021年のS&P 500の純利益は、前年比45%増加した1株当た…

詐欺?投資?ギャンブル?知れば怖くないFXの概要とリスク 

FX(ForeignExchange:外国為替証拠金取引)とは、各国通貨の金利差や価格差を利用し売買することで、利益を得ようとする投資手法です。 FXについて正確な情報を理解することで、流行っている金融詐欺の勧誘に騙されることを防ぐととともに、資産運用の役立…

2021年 最も価値が高いブランドは?

2021年の最も価値が高い企業はアマゾン。そしてアップル、グーグル、マイクロソフトなどが続く。 ブランド価値とそれが企業にもたらす影響。そしてブランド価値を続けるための企業たちの戦略について

【投資戦略】長期投資家になるために必要なこと(コミットメントデバイス)

長期投資家になるために必要なこと ホメーロスのオデュッセイアに登場するユリシーズがセイレーンの誘惑から船を守るために設けたコミットメントデバイスの物語から長期投資家になるために我々ができること。 適切なコミットメントデバイスを装置し、投資に…

ジェラルドローブの12の投資知恵

ジェラルド・ローブは1930年代から60年代に至るまでウォール街の伝説的な株式ブローカーとして、またファンドマネージャーがいなかった時代に優秀な投資マネージャー(Investment Manager)として名声を築いた。 当時、米国最大の証券会社だった「E.Fハット…

「ウォール街のランダム・ウォーカー」からの教訓

出典:Reading Tea Leaves - HumbleDollar バートン・マルキール(Burton Malkiel)はベストセラー「ウォール街のランダム・ウォーカー(A Random Walk Down Wall Street)」でテクニカル分析に頼っていた友人に一つのチャートを見せた。友人はマルキールに…

カナダでビットコインとイーサリウムを併せたETFを発売

出典:First ETF combining bitcoin and ethereum launches in Canada ビットコイン(BTC)とイーサリウム(ETH)を共に運用するETFが発売された。仮想通貨ETFを検討している投資家はどちらかを選択することで悩んだり、それぞれで運用する必要がなくなった…

マッキンゼーが予想したネクストノーマル

マッキンゼーは 2021年1月、「ネクストノーマルが渡来する:2021年、そしてその後を定義するトレンド」というテーマでレポートを発行した。マッキンゼーレポートで予想したポストコロナ時代のトレンドの中の展望及び主要産業のトピックは以下の7つである。 …

次の時価総額1兆ドルクラブの会員になる企業は?

出典:Which Companies Belong to the Trillion-Dollar Club? 世界上場企業のうち、時価総額1兆ドルクラブに加入したのはわずかである。正確には6つの企業しかない。 カンパニー・マーケットキャップ(Companies Market Cap)のデータを使用して、この13桁の…

2021年 世界最大の企業ランキング トップ100

世界の株式市場は、新型コロナによって崩壊されたが、後に強い反発傾向を見せた。世界100大企業の時価総額は2021年3月31日基準31.7兆ドルで、前年同期比48%増加した。他の数値と比較してみると、2020年に米国と中国のGDPは合計35.7兆ドルであった。 上記の…

2021年、世界で最も革新的な企業 ランキング50

出典:Ranked: The World's Most Innovative Companies in 2021 今年は新型コロナの大流行により企業の優先順位が大きく変わったが、世界の企業の間でイノベーション(技術革新)は気にするトピックとしてあり続けている。 下のチャートは、ボストンコンサル…

テスラの戦略のキーは電気自動車ではなく充電ステーション

原文:How Tesla’s Charging Stations Left Other Manufacturers in the Dust 過去5年間、主要車会社は電気自動車に膨大な投資をしてきた。フォルクスワーゲンは2025年までに80種類の車種の電気自動車を生産し、2030年までには全車種の電気自動車バージョン…