アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

意外と簡単なお金持ちへの道のり ウォーレン・バフェット氏がお金持ちになれた秘訣


ウォーレン・バフェット氏は投資界の伝説である。

バークシャー・ハサウェイのCEOとして、大恐慌の時代に生まれて、自力で成功した人である。バフェット氏の成功は知性と忍耐力そして時間の成果である。

そして、彼のような知性を持つことは難しいかもしれないが、忍耐力と時間については不可能ではない。
バフェット氏の言葉の中で最も有名なのは、「他人が貪欲になっているときに恐れ、他人が恐れているときにだけ貪欲になれ」である。

確かに、2021年の強い市場の状況と、今の調整局面のなかでも適用される時代を超えたアドバイスである。この話は、世界で最も裕福な人で、数百億ドルを失う余裕がある人には正直関係ない。だからこそ、このアドバイスは一般投資家にとって役立つ言葉である。

時間はあなた味方であり、衝動はあなたの敵です。福利効果の魔法の恩恵を受け、市場からのサイレン(ノイズ)に反応してはいけません

この知恵の種が私たちが金持ちになれる道のりになる理由は次のとおりである。

今投資を始める若者たちは、バフェット氏が初めて投資を始めた時よりいろいろ不利な状況である。誰でも簡単に情報が得られ、定量的なツールを使えるようになったため、隠された宝物のような企業を見つけることは昔より難しい。
バフェット氏はいろんな情報にアクセスが難しいインターネットもない時代に、帳簿価値や企業利益に対してかなり割安株を見つけて、何十年にわたり投資した。
しかし、今の時代の投資家は大きなデメリット、つまり多くの騒音(ノイズ)に直面している。バフェット氏はウォール街から遠く離れたネブラスカ州オマハに拠点を置くことで、自分の投資プロセスにこだわり、ニューヨークからのノイズに影響されなかったかもしれない。今の時代は鳴り響くサイレンの音はこれまで以上に大きい。
ミーム株や無名の暗号資産(コイン)、または様々な方法で金持ちになった人々の物語が広がっており、そのような話が個人投資家の判断力をぼかし、誤った行動につながる。バフェット氏が株主総会で「人々の希望と貪欲を餌にすることがたくさんお金を稼げる方法」と警告から今の状況をよく表せている。
ウォール街は、株式市場のボラティリティと人々の衝動から収益を得る様々な方法を持っている。しかし、時間と忍耐は、一般投資家が使えるもっとも強力な武器である。多くの人々がこの武器を使っていないだけだ。
良い銘柄を選ぶことは投資成果を上げられる方法の一つに過ぎない。結局、ある年に株式市場を上回る成果を出したことは、一度自慢できるだけである。むしろ株式市場と同じくらいの利回りを着実に上げることこそ、時間の経過とともに本当の成果が作られるところである。
これを説明するために、異なる3人の投資家を例えよう。1人は25歳、もう1人は40歳、最後は55歳だとしよう。25歳の投資家は貯金がなく、40歳の投資家は25万ドル(2800万円程度)を貯め、55歳の投資家は100万ドル(1億1500万円程度)を貯めた。

三人とも退職金口座に年間1万ドル(115万円程度)を投資し、75歳になるまで貯めたお金を年平均10%の利回りで運用すると仮定した時、75歳になった時点で最も資産が多い投資家は誰だろうか?答えは25歳の投資家が1,164万ドル(13.3億円ほど)で、もっとも金持ちになる。投資を始めるときには貯金がなかったにも関わらず一番金持ちになれる。

年齢

スタート金額

(ドル)

年間当差額 年間利回り 投資年数

75歳時の資産

(万ドル)

25歳  10,000 10% 50年 1,164
40歳 250,000  10,000 10%  35年 974
55歳 1,000,000 10,000 10%  20年 730


良い利回りや投資元金額よりも、時間最も強力である。毎年1万ドルを投資し、10%の利回りで50年間投資した人が75歳になったときには大金持ちになれる。これは驚くべき結果である。

この例に反論してみると、自分にはそれほどの時間がないとか、自分は毎年1万ドルを投資できないということである。それでは、別の例を挙げてみよう。一人が毎月500ドル(5~6万円)、つまり年に6,000ドル(60~70万円)を投資できると仮定しよう。そして引退するまで15年残っている。

この場合、15年後には251,774ドル(3000万円弱)になるだろう。これでも良い計画であり、最終金額もそれなりにある。(日本でいう2000万円問題もクリアできる)

この話のポイントはお金持ちになりたいなら習慣的な貯蓄時間が本当に必要な唯一のツールであることだ。一般的にオマハの賢人と呼ばれるバフェット氏のような投資家だけが株式市場に勝つことができ、途方もない投資によって金持ちになったと感がてしまう。

S&P500が配当金を含め年平均10.5%の収益率を上げている間、バークシャーハサウェイは年平均20.1%の収益率を上げたことを考えると、ある程度は事実かもしれない。

ただし、1965年(バークシャー・ハサウェイ創業当時)に貯蓄0でも引退口座に年間1万ドルずつS&P 500に投資した場合、2021年基準で2,540万ドル(29億円程度)を保有することになる。

総投資金額56万ドルで、ほとんど何もせずに2,500万ドル以上に変わることは、まるで魔法のような話(もしくは詐欺)に聞こえる。しかし、そんなことではない。ただ、時間が経つにつれて、福利効果がやるべきことをやっただけである。

一般投資家がワーレン・バフェットのような億万長者になる可能性は非常に低い。しかし、複利効果の魔法を人生に紐づけることができるならば、あなたとあなたの家族はお金持ちになる可能性が非常に高い。

出典:Warren Buffett's Secret to Getting Rich Is Simpler Than You Think - KOAM