アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

在宅勤務がハイテク業界以外にも拡散

出典:Ford giving 30,000 employees the option to work from home - Axios

 

最初はシリコンバレーのハイテク企業だけが永遠に在宅勤務を実施するように見えた。しかし、今は他の産業の企業まで拡大されている。

 

 

新しいニュース

フォードは、自宅で引き受けた業務を遂行できるすべてのホワイトカラー従業員に永久的な在宅勤務をオプションで提供している。CBSの報道によると、全体の186,000人の従業員のうち、約3万人が対象になる。

Ford offering work-from-home option to 30,000 employees - CBS News

 

 

重要な理由

ハイテク企業ではない企業では、フォードが一番積極的に在宅勤務の割合を増やしており、これはコロナ禍がアメリカ労働者の働き方を永久に変化させた一つの兆候である。

 

アメリカの労働者が直面している問題認識を喚起させている非営利団体ワーキングネーションの代表であり、以前労働部(日本でいう厚生労働省)で働いていたジェーン・オーツはこう述べる。

フォードの労働者層を分離させるなどの動きが、長期的にどのような影響を与えるかについて、訴えています。

 

  • ホワイトカラー職群のエンジニアが現場労働者とのコミュニケーション取らなければ、果たして効果があるのか​​?

 

一方、すでに在宅勤務を支援していた一部の企業は、現在の従業員をバックオフィスに呼び戻している。

 

ニューヨークタイムズの報道によると、マイクロソフトは、在宅勤務中だった57,000人の従業員を再びワシントンレドモンド本社に出社させる予定である。もちろん、彼らはリモート勤務継続も選択できる。

Microsoft to Ease Workers Back to the Office Starting Next Week - The New York Times