アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

マイクロソフトがSiri音声認識パートナー、ニュアンスの買収を検討中

出典:Microsoft in talks to acquire Siri speech recognition partner Nuance for $16B | AppleInsider

 article thumbnail

人工知能(AI)や音声認識ソフトを手掛けるニュアンス(Nuance Communications)が、Microsoftと買収の可能性について協議中である。この会社は、AppleのSiriの音声分析テクノロジーのプロバイダーであり、約160億ドルと評価して検討中である。

 

 

買収の協議結果は来週発表予定

両社間の協議は進行中であるが、協議に詳しい人々によると、来週には取引の発表が行われる可能性があるという。ニュアンスの提案価格は1株あたり約56ドルと言われており、金曜日終値の23%プレミアム価額である。

ニュアンスがSiriと関わっているため、アップルに大きな影響を与える可能性がある。アップルはニュアンスの音声認識エンジンを使用しデジタルアシスタントがユーザーの要求を聞いて理解できるようにしている

ニュアンスの買収が合意されれば、マイクロソフトにとって2番目に大きな買収となるだろう。一番大きな買収は、2016年のLinkedInであり、240億ドル相当で取引された。

 

アップルへの影響は?

買収が正式に決まった場合、近い将来にAppleとSiriにどのように影響するかは未だ不明である。ニュアンスは2013年にその技術が「Apple音声認識の基本的なプロバイダー」であることを確認したが、現在アップルとニュアンスがどのような関係であるかは正式に不明な状況である。

今回の買収により、Apple音声認識の研究にさらに投資するようになり、サードパーティのサービスプロバイダーに依存することなくSiriが機能するようになる可能性もある。

 

ニュアンスの買収検討は初めてではない

バーリントンを拠点とするニュアンスが売却を検討したのはこれが初めてではない。 2014年には買収の可能性についてサムスンと交渉中であるとの報告があったが、正式には行われなかった

2013年には、アップルがニュアンスに依存しているため、会社自体を買収する正当な理由であると複数関係者によって提案されていた。当時、アップルには70億ドルで買収できるチャンスがあり、現在の予想購入価格の半分以下の値段である。