アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

「ウォール街のランダム・ウォーカー」からの教訓

出典:Reading Tea Leaves - HumbleDollar

バートン・マルキール(Burton Malkiel)はベストセラー「ウォール街のランダム・ウォーカー(A Random Walk Down Wall Street)」でテクニカル分析に頼っていた友人に一つのチャートを見せた。友人はマルキールに「どんな企業?」と尋ねた。 

「今が買い時だね。これは古典的なパターンだよ。明らかに次の週までに株価が15ポイントは上がるだろう。」とチャートを分析した友達の言葉だった。
残念ながら、マルキールが友人に見せたチャートは、実際の企業のチャートではなかった。コインを投げて表が出れば陽線で、裏が出れば陰線で表示した架空のチャートだった。つまり、コイン投げの結果のように「株価」がランダムに動いた結果だった。
1973年に初めて出版されたマルキールの本はテクニカル分析の問題を指摘しており、最近の読者は驚くだろう。しかし、当時はテクニカル分析が広く使用されていた。ウォーレン・バフェットでさえ、株価チャートを作成していた。バフェットは後に、「チャートを裏返してみると、他の答えが見えなかったです。だからテクニカル分析が効果がないことに気づきました。」と言った。

この記事をテクニカル分析の話で始めた理由は意味のない挑戦がなくならないからである。例えば仮想通貨を考えてみよう。様々な投資分析マスコミでフィボナッチ数列移動平均線MACD指標等を提示する。ここで重要な質問は「テクニカル分析が意味がなければなぜ多くの人々が使うのか」である。
そこには3つの重要な理由がある。

一つは、人間は狩猟・採集で生存してきた祖先から「パターンを見つける必要がある」という本能を受け継いでおり、テクニカル分析はその本能へ従っている。テクニカル分析を知らない人でさえ市場の動きにパターンがあるかもしれないと思い、お金をかける想像をする。
二つ目は、人間は何かを制御したがる。金融市場は、ニュース(ニュースという言葉の定義には、事前に知られていないという意味が込められている)によって動くので、短期的な価格変動は予測できない。しかし、多くの人々に受け入れがたい考えであり、テクニカル分析でも、FRBの分析モデルでも、ウォール街戦略家の解釈でも、あるいは他の何かを介して、将来を予測する方法を見つけようとする。

たしかに、債券や株式のファンダメンタル価値をある程度は予測できる。私たちは、今後数年間は債券や株式がどれぐらいの収益を得られるか調べることができ、その将来の収益の流れが今の価値に換算するとどれぐらいになるかは計算できる。かといって、債券や株式が明日から上昇するか下落するかは分からないが、なにか価値があるところ投資していると確信することはできる

これが、テクニカル分析が未だに意味があると考える3つ目の理由になる。キャッシュフローを生み出せておらず、今後の見込みもないためファンダメンタル価値を計算する方法がない企業の場合は、テクニカル分析は無意味である。ビットコインや金のようなものが該当する。これらの資産に投資している人は、グラフを見てこのように問いかける。「価格が上がるような理由はあるか?あるなら今買ておいて価格が上がった時に次のバカに売って収益を残せるか?」

本当は、株式のプロ投資家でさえ、このような方法に依存している。株式のファンダメンタル価値を無視するか、株の存在価値を認めないことではなく、テクニカルアナリストのように考えて、価格上昇を推定したり、反転を予想したり、上昇の上限線を見たり、下落を防げるサポートラインが存在すると考えている。
このような考えは、私たちがテレビで見て、マスコミから得られる市場の論評の多い部分を占めている。しかし、これは何の意味もなく、愚かなアクションにつながり、私たちが積み上げた長年の結果を台無しにしてしまう。

企業の価値、そしてそれに伴う株価は企業が稼げる能力、つまりその企業が配当金や自社株買いを通して株主に還元できる能力にかかっている。株式投資家であれば、まさにここに注目すべきである。なぜなら?それが重要だからだ。 S&Pやダウ・ジョーンズのアナリストは、企業収益が昨年の経済封鎖から回復されたことにより、2021年の企業が報告した収益が(基底効果により:コロナで落ち込んだ時から比較するため)97%も上昇し、さらに2022年には8%上昇すると予想している。このような企業の収益増加が投資家として株式を所有する理由であり、長期的株価上昇を牽引する要因である。

ビットコインやイーサリウムはどうだろうか?おそらく価格が上がると思われる。しかし、ファンダメンタル価値がないことを考慮すると、その理由はわからない。移動平均線MACD指標がその理由だろうか?