アメ株クラブ

アメ株クラブ

米国株・アメリカ株投資に役立つ情報を共有していくブログです。たった1人の方でも何かしら役立つ情報やインサイトが得られれば幸いです。

ルー・シンプソンから学ぶ投資教訓

出典:Wise Words from Lou Simpson • Novel Investor

ルー・シンプソン(Lou Simpson)は一般人にあまり知られていない人物である。しかし、彼は25年にわたってS&P500より年間6.8%高い収益率を記録した。

Screen Shot 2017-02-16 at 9.16.38 PM.png

1979年、ガイコ(GEICO)は投資ポートフォリオを運用する人を探していた。採用プロセスにはウォーレン・バフェットとのインタビューも含まれていた。バフェットはシンプソンと4時間ほど話した後、ガイコのCEOに彼を採用するよう助言した。

その後シンプソンはガイコに25年に渡って年間20.3%(S&P500は13.5%)の収益率を与えた。彼は2010年に引退し、バフェットはバークシャーの2010年の年次書簡で「端的に言えばルーは偉大な投資家の一人です。」と述べた

シンプソンの投資哲学は、バフェットやフィリップ・フィッシャーと考えに近い。

①優れた経営陣がいる②優れた企業に③適切な価格で④集中的に⑤長期投資することである。言葉は簡単だが行動に移すことは決して簡単なアプローチではない。

次はいくつかのインタビューからの抜粋した彼の投資哲学である。

集中投資について

我々は投資基準に合致するいくつかの企業にポートフォリオを集中しています。良い投資アイデア、つまり投資基準に合致する企業を見つけるのは簡単ではありません。良い企業を見つけたと思ったら、大きな割合で投資します。ガイコの投資ポートフォリオは、上位5つの銘柄が全体の50%以上を占めています。

我々が知ることができる企業は限られています。50〜100社の企業でポートフォリオを構成する場合は、価値を高める可能性ははるかに低くなります。ポイントはすべての判断を非常に慎重に決めなければならないということです。判断する回数が多くなるほど、悪い判断をする可能性が高くなります。

長期投資について

我々は多くの投資家と正反対です。多くの投資家はあまり考えず行動は多いですが、私たちはたくさん考えますが動きは少ないです。

個別銘柄や株式市場、経済の短期的な動きを予想しようとするなら、着実に良い成果を上げる可能性が低くなります。 短期の動きはとても予測することは困難です。

私たちは一般的な考え方に批判的で、ウォール街を定期的に襲う非理性的な行動と感情の津波を回避しようとしています。人気がない企業を無視するわけではありません。逆にそのような状況は最大のチャンスを提供してくれます。 

長期的に見ると、株価の上昇は企業が稼いだ利益と直接的な関係があります。報告された収入よりも操作が難しいキャッシュフローが有意義な指標になります。 

私が学んだ一つの教訓は、決定する数を減らすことです。時には何もしないことが最高の決定になります。最も難しいことは、現金を持ったまま待つことです。非常に退屈なことです。

取引をすればするほど、税金だけでなくコストも多く発生するので価値を出すことが難しいです。 

経営陣について

過去数年間で学んだ一つは、経営陣が企業価値を加えているかもしくは価値をなくしているかを確認することが重要だということです。企業のすべての情報を得られても、経営陣がどのように考えているか把握することがより重要だと考えています。

我々は経営陣を評価するときに、次のような質問をします。「経営陣がどのよう株式を保有しているか」「経営陣が所有者と率直な関係を結んでいるか」「経営陣が収益性がない事業を諦める意向があるか」「経営陣が余剰現金を自社株買いに使用するか」。最後の質問が最も重要かもしれません。収益性の高い事業で創出した現金を収益性の低い事業を拡大するために使う経営者がいます。多くの場合、自社株買いは余剰現金の良い使い方になる方法です。

この企業の経営陣は嘘をつかないか。誠実なのか。頻繁に変わったりしないか。従業員を大切にするか。長期的な視点で経営に取り組んでいるか。それとも四半期の収益目標値に焦点を当てているか。などを見て投資判断をします。

価格について

我々は明らかに優れた企業であっても支払う金額は厳しさを維持しようとしています。株価があまりにも高ければ、世界最高の企業であっても良い投資対象ではありません。

「売り」について

我々は売りに関する不変のルールはありません。ただ、あまり売りません。私は投資でミスしたことは、良い企業をあまりにも早く売ってしまったことでした。 

我々がチェックするいくつかの要素があります。まず、「投資する際に考慮した事業を継続しているか」です。投資判断する際に考慮した事業から変わった場合は、良くないシグナルです。

二つ目は、経営陣です。これも最初に投資したときと異なる場合があります。残念ながら、多くの経営陣が非常に短期志向的であるので、この点も売却の理由になることがあります。経営陣の基本的な真実さとどこに焦点を当てているかに注目します。

最後は、市場の評価が高すぎることです。大体の場合、これが最も難しいことです。その理由は、保有している企業は今の株価では買いたくないが、本当に素晴らしい企業で売却したくないからです。この場合はしばらく我慢してみる価値はあるかもしれません。